【7月28日】夏野菜グラタン

暮らし



夏の恵みをいっぱいに集めて。

 

きっと畑に行けばこの間赤く色づきはじめていたトマトが熟しているだろうな。

木がおおきくなり、勢いづいてきたオクラも実をつけているはず!

 

串本に帰郷して、自然栽培1年生の夏。

うまく育てれなかった野菜はあるものの、そんなぼくの未熟な腕でも身をつけてくれた野菜たち(❁´ω`❁)

 

今日は愛しの野菜たちを使って、和風で夏風なアレンジグラタンを作ろう!

 

野菜の収穫

畑に着くと予想は的中し野菜は食べごろに育っていた😄

 

2節目についたトマトは見事に真っ赤か😄

3節目のトマトもいい感じのサイズでスタンバってます(`・ω・´)

 

自然農法で栽培したトマト。

まわりは草だらけ、肥料も農薬も不使用。

畝も作っていません!

なのに、こんなに立派な実がつくんです!

一生懸命土を耕して、草を取り野菜をつくることは立派だけど、楽できるところは楽をしないとね!

 

オクラはどうかな~??

 

五本植えたオクラの株から2つ収穫♪

2種類のオクラがあり、友だちからもらった丸オクラの種と、ホームセンターで買った六角オクラの種から育てたもの。

もらったオクラの種は、友達の畑で何世代にも渡って交配をくりかえしたもの。

串本の地になじんでいるためか、買ったオクラの株よりも勢いがよい!

 

自然農法、自家採種!

この六角オクラの種も採取し、来年は自家採種で種をまこう!

 

どれだけ葉をちぎっても、すぐに復活している大葉( *´艸`)

栄養価も高いしいつも助かってるよ!

 

つるなしインゲンの葉のすきまをのぞくと…

 

3本収穫( *´艸`)

 

すこしの収穫だけどうれしい😊

 

ぐるりと畑を回りとれた野菜たち。

 

強い日差しで、ぼくもしっかり夏を味わい帰路に。

 

でも、ナスがないと寂しいな…

よく加熱するとトロリとおいしいなすび!

子供のころは大嫌いなのに、大人になると大好きになるなすび!

 

串本の農協のスーパーAコープ・ヴァセオで購入。

店内で開かれている、地元の市なら新鮮で安く野菜が手に入る。

キズものだけど、5本入100円で購入♪

 

グラタン作り

集めた材料はこんなかんじ。

☆グラタンの材料
玄米ご飯…1合
トマト中…1こ
オクラ…2本
ナス…1本
インゲン…3本
大葉…10枚
梅干し…1こ

味噌…20g
スライスチーズ…3枚
お麩…5こ

塩…適量
オリーブオイル…適量

 

炊いた玄米ご飯(乾燥そら豆入)は230gだったので、グラタンが完成したときの塩分が1%になるように味噌を計量。

(味噌100gにつき塩分9gだったので20g使用)

人間がおいしいと感じる塩分濃度は1%とのこと。

参考

Amazon.co.jp: おいしさの「仕組み」がわかる 料理のキホン (スマート新書) eBook : 樋口直哉: 本
Amazon.co.jp: おいしさの「仕組み」がわかる 料理のキホン (スマート新書) eBook : 樋口直哉: 本

最終的に薄ければ塩で調節すればいいので、全体の1%を超えないように気をつけた。

 

途中で思いついたこの間干し上がった梅干しの梅肉も追加!

玄米ご飯に大葉の千切りと食べやすく切ったインゲンを加え混ぜ合わせる。

ナスはオリーブオイルを多めにしいたフライパンで焼色がつくように。

グラタン皿に材料がくっつかないようにオリーブオイルを塗るニャ(=^・ω・^=)

 

トマトとオクラを食べやすく切り、野菜と混ぜた玄米ご飯をグラタン皿にしきつめる。

ここでご家庭にオーブンがない方に必見のテクリック!!

おろし金ですりおろしたお麩をフライパンで茶色く炒めれば、グラタンが完成したときにおいしそうな焼色に!!

具をしきつめたグラタン皿にチーズと焼いたお麩をふりかけ、中火の鍋の中に入れてフタをして20分。

中まで火が通ればできあがり♪

 

 

 

それでは…

夏野菜和風グラタン…いただきます!人(´∀`* )

うまぁい!!

じっくり火の通ったトマトとナスはトロトロ!

インゲンの食感がいいアクセントに!

大葉と梅干しの風味があっさりしていいですねぇ~♪

 

堪能(*´∀`*)ポッ

 

畑ができる!

料理もできる!

なのに、一人ぼっちの独身35歳…

 

愛(まな)野菜といっしょに夏のアバンチュールをおくります…。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

読んでくれておおきに!バーナーをポチッとクリックしていただければ幸いです🙇

コメント

タイトルとURLをコピーしました