【8月1日】一人ぐらい、いらない生活必需品

幸せのルール


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

読んでくれておおきに!バーナーをポチッとクリックしていただければ幸いです🙇

一人暮らし、意外となくても生活できるもの。

 

家族で生活していると当たり前のようにあるので、生活必需品と思われがちなもの。

しかし、なければないで生活に不自由がなかったりする。

むしろ、かえって豊かに生活ができる。

 

なくてはならないと思っていたものが、なくてもすむ。

ものを持たなくてもいいメリットはおおきい。

 

ものを持たなくてもいいメリット
・買わなくてもいい(お金がかからない)
・掃除など管理しなくてもいい(時間の節約)
・空間の節約(せまい家でも生活できるのでお金の節約になる)
など。

 

あれば豊かだと思ったものが、もたないことで経済的にも、精神的にも豊かに生活できたりするのだ。

 

今回は、一人暮らし3年、和歌山県の田舎町・串本に帰郷して1年。

生活してみると意外と必要なかったものをご紹介。

 

洗濯機

一人だと洗濯物が多くでないので必要ない。

 

引っ越してきたときアパートで備え付けの洗濯機が使えたが、ある日、使えなくなってしまった。

洗濯機がないのはかなり不自由になると思っていた。

 

しかし、一枚ずつ毎日手洗いしても、意外と手間にはならないではないか!

ミニマリストなぼくが所有している服の枚数は5枚。

(服選びに時間がかかるため、お金持ちは所有している服の枚数がすくないのだという)

こまめに洗濯をしないと着る服がなくなるので、洗濯の頻度は多い。

 

それでも、まとめて3枚+下着をいっぺんに干すのは若干億劫に感じていた。

ところが、その日に着た服をその日に洗って干したほうが、精神的な負担がすくない。

 

洗い方は基本、洗剤を使わずに、お湯につけ置きもみ洗い。

汗が多くすこしニオイが気になる時は、固形石鹸をよくとかして。

(洗剤は港町に住んでいるので極力つかいたくない…)

 

汚れの気になる部分は、ウタマロ石鹸という青色のよく落ちる石鹸でこすればいいし、社会的に必要な清潔感はたもたれている。

Amazon | ウタマロ石けん 133G × 3個セット | ウタマロ | 固形せっけん 通販
ウタマロ石けん 133G × 3個セットが固形せっけんストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

洗濯機が普及する前は、川で服をこすり洗していたのだから、問題ないだろう。

 

家族が多い場合には、洗濯機を使ったほうがたしかに効率はいいかもしれない。

しかし、一人暮らしなら、洗濯機にたまった毛玉をとったり、洗濯の時間を待ったりすることを思うと、かえって洗濯機がないほうが率的に生活することができる。

 

田舎暮らしだと必要不可欠と思われる車だが、現代ではなくても不自由がない。

車を所有しないことで、逆に豊かな時間をつくり出すことができる。

 

理由はコロナの影響もありリモートで仕事をできるようになったことが大きい。

そして車がないことで、維持費のために働く必要がない。

 

軽自動車の場合、必要な月の維持費はおよそ40,000円

計算
130万円(ダイハツタント)÷4年(対応年数)÷12ヶ月≒27,000円(月額)
24,670円(自動車税)÷12ヶ月≒2,000円(月額)
20,000円(年間の自賠責保険料)÷12ヶ月≒1,600円(月額)
10,000円(過去、自動車を使っていたときの月のガゾリン代)

月に40,000円仕事をする必要がなくなるのだ!

それに、すこし遠出がしたいならば、串本内ではしっているシティバスをつかえばいい。

 

家族のいない一人暮らし。

子供の送迎や介護のために車を走らせる必要はない。

 

車を所有することがステータスの時代でもなくなった。

 

車をもたないことで、経済的に生活を縛るものは大きくなくなる。

そのぶん、ストレスのない自由な生活ができるのだ。


電子レンジ

コンロで温めればいいので必要がない。

 

電子レンジ、ボタンを押せば1分ほどで食品が熱々になる。

食事の手間を考えると、とても時短になるように思える。

 

しかし、レンジの中で汁ものをひっくり返すと大惨事 Σ(*゚Д`;)

時間が立つと、角にはホコリがたまる…

かえって時間かかるやないかい( ´Д)))Д)

 

料理もむずかしいものを作らないなら、一回一回手作りしても時間はかからない。

ほぼ毎日焼き飯ヽ(`∀´)ノ

 

出来合いのものをわざわざ電子レンジで温め直さなくても、温かいものを食べることができる( ・´-・`)ドヤ

 

自分で自炊をするならば、電子レンジは必要のないものなのだ。

(自分でつくる材料がわかるので、栄養管理もできて、体にもいい)

 

 

 

買おうとすると意外とお金が出ていく“生活必需品とおもわれがちなもの”。

しかし、なくてもまったく生活にこまらない。

むしろないほうが生活は豊かだ。

 

なにより体感するのは、部屋にモノが少なくて住むこと。

電子レンジのホコリをかぶった姿は、みるたびに気力をうばう…

(指でホコリをなぞりこごとをいいたくなる…)

 

風水やスピリチュアルでよくいわれることだが、お金持ちの家には、意外と物が少なくスッキリしていてきれいだという。

ホコリがなくてきれいな部屋は、家主の気力をたかめる。

それが行動につながり、お金を生む。

こういうことだろう。

 

しかも、きれいな家のほうがドロボウにも入られにくい。

 

きれいな家は、お金を稼ぐ力も守る力も高めてくれるわけだ。

 

ものをもたないことで、生活のストレスは低くなる。

今は自分らしい生き方ができる世の中になった。

一度自分自身の生活を見直して、本当に必要なものはなにか考えてみてはいかがだろうか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました