スポンサーリンク

「電気自動車、実はエコじゃない?」とごみ拾い

電気自動車エコじゃない? ごみ拾い
電気自動車エコじゃない?




 

実は、炭素エンジン車のほうがエコではないかという自分の仮説です。

 

ごみ拾いをしながらSDGsの勉強をしていると、SDGsのメイントピックス「気候変動問題」をよく耳にします。

温室効果ガス対策として話題になっているのが、温室効果ガスCO2を出さずに走る電気自動車EVです。

「CO2を出さないのでエコ!」

と思われていますが、実はそうでもないようです。

 

EVがエコとは限らない

電気自動車EVは走るときにCO2を出さないので、一見エコに思われます。

しかし、電気自動車EVの充電までにかかる工程をかんがえると、けして環境負荷が低いわけではありません。

 

電気自動車も走れるようになるまでの工程を考えるとCO2排出を必要とします。

 

電気を発電するのに使われているのは、日本では火力発電が主流です。

火力発電は燃料を燃やす過程でCO2がでます。

 

原子力発電も主たる電源です。

CO2を出さないので、火力発電よりエコだといわれています。

しかし、原子力発電は核反応の過程でものすごい熱が出るそうです。

(全体で考えると、CO2が出ない分、原子力のほうが環境負荷が低いのではないか?という意味でエコらしいです。)

 

火力発電や原子力発電、現在ある主流の電源で電気自動車のエネルギー源をまかなおう思うとどうしても温暖化の要因になります。

 

 

電気自動車に使用されるリチウムイオン電池も実はものすごく環境負荷の高いもののようです。

 

リチウムイオン電池の原料の採掘には、多くの水を必要とし、たくさんの水を地下からくみ上げるため、採掘現地の環境が悪化しているらしいです。

電気自動車のバッテリーについても、いまだ廃棄の方法が確立されておらず、不法投棄の原因になっているようです。

参考

 

炭素エネルギー車のほうがエコじゃないか?

炭素エネルギー車のほうがエコではないか?

(これは自分の妄想なのですが…)

自然の浄化作用を生かせば、温室効果ガスCO2の問題を解決できるのではないか?と思うからです。

 

二酸化炭素CO2を吸って酸素を出す森林は、最高のCO2浄化装置だと聞いたことがあります。

木や草を植え、緑の場所を増やすことで、炭素自動車がだしたCO2を回収できるのではないか?と思うのです。

 

(余談ですが我が家では、草間みれの畑で作物を育てる自然農法を行っています。

串本・自然農法

串本・自然農法

土がむき出しにならず、土が水分を蓄えることができるので、普通の畑より、エコなんだとか。)

 

実は、電気自動車のように廃棄の過程で環境負荷を軽減する技術のない新技術をつかうより、現在ある既存の技術をつかうほうが、環境負荷軽減に効果的ではないかと思うのです。

串本は過疎化により使われていない空き家や土地がたくさんあります。

この土地を緑地にできたらいいな…と妄想しています。

 



 

海にも温室効果ガス削減効果があるといわれています。

大気中の二酸化炭素が、海に浸透し、それをプランクトンが食べることで、温室効果ガスの削減につながっているようです。

が、

これは研究段階のようですが、海洋プラスチックが海のプランクトンに付着することで、プランクトンの温室効果ガス浄化作用を落としてしまっているようです。

参考文献

脱プラスチックへの挑戦

価格:1,650円
(2022/1/23 17:55時点)
感想(0件)

科学的根拠が明らかにされていないと書かれていましたが、海洋に流れるごみにより、温室効果ガス削減効果が失われてしまうのはとても残念なものです。

 

地球温暖化…

木を植えたら解決するのではないかと思いつつ、空き地を買い占めて緑化する財力はぼくにはありません。

せめて、ごみだけでも拾って串本の海に地球の未来をかけようと、ぼくはごみを拾うのでした。

「電気自動車、実はエコじゃない?」とごみ拾い

「電気自動車、実はエコじゃない?」とごみ拾い

今日は雨が冷たいので、すこしだけです^^

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
ごみ問題を多くの人に知ってもらうために!
クリックお願いします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました