スポンサーリンク

串本町・橋杭岩の初日の出

串本町・橋杭岩の初日の出 未分類
串本町・橋杭岩の初日の出

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

2022年、元旦の7時半ごろに串本町の橋杭岩から太陽が昇り始めました。

串本町といえば、橋杭岩…

串本町の玄関といわれるだけあり(と個人的に思っている)、橋杭岩周辺には多くの人だかりができていました。

 

 

今回は、そんな串本の名所橋杭岩の小話を…

橋杭岩の長さは約800m、およそ40個の岩々が連なり出来ています。

そしてその40の岩々には、ひとつづつ名前がつけられています。

 

串本町側から、

元島、ゴロゴロ島、黒岩、タコ島、海老島、コボレ岩…

と続いていきます。

参考

南紀熊野の橋杭岩 - 兵庫の山々 山頂の岩石

 

今年撮影した初日の出は、元島、ゴロゴロ岩からのぼる太陽です。

橋杭岩の観光センターから撮影しました。

 

 

この橋杭岩…

昔はもっと背が高かったようです。

風化や、波の影響により崩れどんどん背が低くなっています。

余談ですが、参考HPのイラストと見比べて岩の名前を探しましたが、形が変わっていて見つけるのに苦労しました。

 

そして、地震大国日本に住む日本人として知っておきたいことが、橋杭岩の前に転がっている岩石たちのことです。

この岩石たちは、津波で運ばれ橋杭岩の向こうからやってきたようです。

参考文献:堀勝義著「近現代の串本史探索」

串本町歴史書

串本町歴史書

 

最近、橋杭岩周辺でごみ拾いをしていると、スケベ×…もとい、ちょい悪な素敵な70代の男性に教えていただいたことですが、

「昔、串本に津波が来た時には、この周辺一帯すべて沈んだ。

今、大島に向かって、串本側に2,3mの防波堤が立っているが、ほとんどいみなんてないだろうな…」

とおっしゃっていました。

 

近い将来起こるとされている南海トラフ地震…

串本を襲うとされている津波の高さは30mです。

そして、橋杭岩前に転がった岩を見てわかる津波の威力…

 

橋杭岩から初日の出を見ながら思うことは、大自然の美しさと大自然の残酷さでした…。

 

 

まだかまだかと、昇るのを待った初日の出ですが、日が雲を突き抜けてからはぐんぐん上昇していきます。

観客も帰路につきます。




ぼくも帰路に就く途中、橋杭岩観光センターで焼かれているお団子が目に入ります。

橋杭岩観光センター

橋杭岩観光センター

寒さに凍えていたので、思わず団子一串、320円を注文。

橋杭岩観光センター

橋杭岩観光センター

たっぷり甘み味噌が塗られ、炭でやかれた味噌が香ばしいお団子でした。


天候にも恵まれ、美しい橋杭岩の景色をながめながら、ほかほかのおいしいお団子を食べる…。

2022年元旦は、自然の恩恵をふんだんに受けはじまりました。

 

関連記事

串本の伝説~橋杭岩~
一日ワンクリックおねがいします🙇 和歌山は神秘の地。 代表的な熊野古道をはじめ、様々な伝説がのこっています。 ぼくの生活する和歌山県・串本町もかずかずの伝説がのこっています。 この記事では、串本のシンボル橋杭岩に関す...

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました