スポンサーリンク

「生きやすくする仏教の教え」とごみ拾いボランティア

「生きやすくする仏教の教え」とごみ拾いボランティア ごみ拾い
「生きやすくする仏教の教え」とごみ拾いボランティア

生きやすくする仏教の教え…

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
バナークリックお願いします!

霊的な、スピリチュアなそうとらえられがちな宗教ですが、仏教を含む宗教全般は

「土地や風土、時代に合わせてどう生きるのが楽か?」

という教えだったりします。

 

仏教でいわれる「悟り」

ごみ拾いを2年間、休まず続けたぼくの悟りについて思うところ…。

 

お釈迦様(ブッタ)

仏教の開祖である、お釈迦様は今から約2500年ほど前の、北インドに生まれた方だそうです。

 

とても裕福な家庭に生まれたお釈迦様。

美しい服、世話係、教師をつけ、当時としてはとてもぜいたくに暮らしていたそうです。

 

豊かに贅沢に暮らしていたお釈迦様ですが、ある旅の途中、「老人」「病人」「死者」「沙門(しゃもん」に出会ったそうです。

 

沙門とは、質素禁欲をし、厳しい修行をする人です。

 

「老人」「病人」「死者」を見て

「老けたくねー」

「病気いいやぁー」

「死にたくねー」

と思ったお釈迦様は、老・病・死の不安を克服した沙門に出会います。

 

お釈迦様の、老・病・死の不安への克服の旅を出家というらしいです。

 

Wikipedia参考

釈迦 - Wikipedia
沙門 - Wikipedia

 

お釈迦様は(ぼくが思うに)、究極的に心穏やかに楽に生きたかった人です(´・ω・`)

 

楽な生き方

もっと欲しい…

もっと生きたい…

つらいことはしたくない…

そういった欲求に縛られず生きることが、楽な生き方ではないでしょうか?

 

ぜいたくな暮らしをしていたお釈迦様。

物欲も、色欲も満たされていたのかもしれません。

しかし逆に、「もっと欲しい、もっと欲しい」で苦しかったのか?

物事に飽きてしまう焦燥感に駆られて、苦しかったのか?

もっと手に入れたいと思いする努力も、実はめんどくさくて苦しいものだったのかもしれません。

(どこか豊かに生きる現代人に通づるものを感じます。)

 

そんな欲や焦りを克服するために出た修行。

禁欲により物欲を抑え、厳しい修行により、人生で降りかかる面倒ごとを克服しようとしたのかもしれません。

 

究極的に物欲を捨てようとしたお釈迦様の修行に、

「水中で息を止め、死の恐怖を克服する」

という修行があります。

 

しかし、なんど水中で息を止める修行をしても、お釈迦様でも死の恐怖を克服できなかったのだとか…

 

食を断ち、水の中で息を止める修行に疲れ切ったお釈迦様が、木の下で差し出されたおかゆを食べた時、お釈迦様は悟りにたどり着いたそうです。

 

おそらくその悟りは

「生きててもいいのねぇ~」

ではないでしょうか?

 

生物にとって切り離すことができない「生」

あるがままの「生」の欲求を受け入れることは悪くない…。

 

過剰に欲張らず、どうしても心がしたいと思ったことをする。

超ドSのお釈迦様から学ぶ、楽な生き方はそういうことかもしれません。




なぜかごみ拾いを続けているうちに、すこし仏教をかじったわたくし…

 

ごみ拾いをはじめた当初

「ポイ捨てをゼロにしよう!」

「ごみ拾いをする人を増やそう!」

とかいきって逆に過剰な欲をもち、苦しかった自分は仏教に救われた気がします。

 

今は毎日拾っているので、習慣を崩すと気持ちが悪いので、ごみ拾いに行く。

特に人にごみ拾いすることを求めないけど、共感したり、応援されたりすると嬉しい。

 

過剰に求めず、穏やかな欲求に従い、ごみ拾いをしています。(´・ω・`)ナームー

「生きやすくする仏教の教え」とごみ拾いボランティア

「生きやすくする仏教の教え」とごみ拾いボランティア

悟ったそこのあなた!
バナークリックおねがいします!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
ごみ拾いで地球をきれいに

クリックお願いします!


 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました