串本町役場、新庁舎移転!近代ド田舎串本へ!!

観光



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ一日ワンクリックおねがいします🙇

 

令和3年7月26日、串本町役場が移転し新庁舎での業務が開始しました。

 

串本町役場新庁舎の場所は、サン・ナンタンランドという海抜(海水面からの陸の高さ)50mの高台です。

串本町役場新庁舎
以前の串本町役場は、海抜3mの場所にありました。

南海トラフ地震で津波が発生したとき、海抜が低いと大きな被害が出ます。

災害時にそなえ、役場をはじめ、串本町の病院、消防署などの主要機関の高台移転がすすんでいます。

串本町役場新庁舎

串本町役場新庁舎

 

さらに、以前の串本町役場旧庁舎は35歳のぼくが生まれるより以前からたっていたおんぼろ庁舎です。

壁は黒ずみや黄ばみで老朽化が進んでいました。

 

利便性、防災、効率性など、様々なことが新庁舎建設の理由です。

 

 




 

 

串本町の人口はおよそ1.6万人。出生率はのびず過疎化がすすんでいます。

なぜこのような立派な建物がたったのか疑問に思いますが、日本で3番めのロケット打ち上げ場「スペースポート紀伊」の期待感があとを押したのかもしれません。

スペースポート紀伊の経済効果は10年間で670億円と言われています。

串本町 ロケット スペースポート紀伊

【7月8日】串本にロケットがやってくる!
 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 和歌山の串本町に、ロケット打ち上げ場「スペースポート紀伊」がやってくる。 「スペースポート紀伊...

 

串本町役場新庁舎の中は、まっしろな美しい壁。

串本町役場新庁舎

串本町役場新庁舎

ド田舎・串本とは思えない、近代的なつくりになっています。

 

串本役場と古座役場の職員さんが串本町新庁舎で働いています。

2005年4月、串本町ととなり町の古座は合併しました。

しかし、立地や予算のつごうで、役場や学校はそのままつかわれていました。

(串本高校も古座高校と合併し串本・古座高校になりましたが、串本と古座は、8km以上離れています。

串本高校の校長先生は、この8kmの長い距離を「串本高校と古座高校は長いローカでつながっている( ・ิω・ิ)」と(うまいこと言ったとドヤ顔で)おっしゃっていました。)

 

以前は、串本町旧役場と古座旧役場は別々の場所にありましたが、両庁舎の職員さん355名が同庁舎ではたらいています。

 

串本町役場新庁舎の建設に当てられた総事業費は31億1836万3945円。

「ロケットの町串本」として大きな期待を背負っています。

 

 

 

 

8月25日、遅ればせながら、ぼくは新庁舎の見学に行ってきました。

玄関には、串本を代表する産業からのお祝いの花束がかざられていました。

 

串本町のシンボル・「橋杭岩」や串本の姉妹都市・「トルコ」の民芸品のガラス食器なども展示され、以前の串本町役場とはおもえないオシャレな場所になっています。

串本町役場新庁舎

串本町役場新庁舎

串本町役場新庁舎

 

そして何よりぼくが驚いたのが、エレベーターです!

串本町役場新庁舎

こんなド田舎の役場に、

エレベーターがあるんです!

なんということでしょう…

ド田舎だった串本はここまで近代化をとげました。

 

 

ロケットの誘致をはじめ、新庁舎の建設など開発が進み始めた串本町。

それでいて、美しい自然や、美味しいものがたくさんあります。

串本町役場新庁舎

串本町役場新庁舎

 

いま日本で一番あつい町は串本町といっても過言ではありません( ・ิω・ิ)




コメント

タイトルとURLをコピーしました