スポンサーリンク

「別府観光!鬼滅の刃聖地・八幡竈門神社」とごみ拾いボランティア

「別府観光!鬼滅の刃聖地・八幡竈門神社」とごみ拾いボランティア ごみ拾い
「別府観光!鬼滅の刃聖地・八幡竈門神社」とごみ拾いボランティア

別府観光

鬼滅の刃聖地・八幡竈門神社…

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
バナークリックお願いします!

別府といえば、大人気アニメ「鬼滅の刃」の聖地になっている「八幡竈門(はちまんかまど)神社」があります。

八幡竈門神社

八幡竈門神社

八幡竈門神社を回れば、鬼滅の刃に登場する様々な設定を知ることができます。

 

水の呼吸

鬼滅の刃の主人公「竈門炭治郎」が、はじめに習得する剣技「の呼吸」

「水」が最初に習得する剣技になっているのは、八幡竈門神社に祭られている神様が、「水龍」であることにゆえんがあるそうです。

 

拝殿の天井を見上げると、水の呼吸拾ノ型「生々流転(せいせいるてん)」を思い浮かべるような「水龍」の絵を見ることができます。

八幡竈門神社、拝殿

八幡竈門神社、拝殿

 

ヒノカミ神楽の元ネタ?

鬼滅の刃の主人公が、物語の途中で使う剣技「ヒノカミ神楽」

そのヒノカミ神楽は、八幡竈門神社で行われる「かまど神楽」が元ネタではないか?といわれています。

 

かまど神楽の舞台

かまど神楽の舞台

 

「鬼滅の刃」内で登場する「ヒノカミ神楽」は

年の初めに日没から夜明けまで舞う神楽」

 

「かまど神楽」は

大みそかから元旦にかけて舞う神楽」

 

「ヒノカミ神楽」と「かまど神楽」は、多少違いがありますがよく似ています。

 

八幡竈門神社内には、見上げると龍の形をした枝を持つ木があります。

 

かまど神楽とは、昔は調理用の「かまど」があった台所の神様をお祭りする神楽だそうです。

食物を茹でる「水」

水を沸かすための「火」

火をつけるための「木」

それらが龍でつながることを考えると、

吾峠呼世晴先生うまいことかんがえるなぁ~

と感心してしまいます。

吾峠呼世晴短編集 (ジャンプコミックス) [ 吾峠 呼世晴 ]

価格:484円
(2022/5/30 18:15時点)
感想(53件)

宿敵「鬼」

八幡竈門神社内には、昔、「かまど村」で人を食って悪さをしていた鬼の伝説が残っています。

 

人を食い悪さをする鬼のことを、村人たちが神様に相談したところ。

「鬼たちが、一晩のうちに百の石段を作れたら、村人のいけにえを差し出す」

「鬼たちが、一晩のうちに百の石段を作れなければ、鬼たちをかまどで煮て神様が食う」

という交換条件を、神様と鬼で約束しました。

 

鬼たちが石段をを積み上げ、99段まで来たときに鶏がなき、朝日が昇り始めます。

かまどで煮て食べられると思った鬼は、鬼が履いていた石草履を落とし逃げ出していきます。

 

鬼の石草履は、人が履くとみるみる力が沸き上がるといわれています。

石草履をみると、鬼の足の指は3本と思われますが、指のそれぞれに「貪欲」「嫉妬」「愚痴」と、人間の負の感情が込められているそうです。

 

鬼のお話だけでも、鬼滅の刃の設定や、人間の心理に通じるものがあります。

吾峠呼世晴先生うまいことかんがえるなぁ~

と感心してしまいます。





ふと思い返せば1年前…

仮装して、ごみ拾いの写真を撮影していると、後ろからおじさんに

「なにしてんの?」

と話しかけられた、鬼のように恥ずかしい過去がよみがえります…。

 

もしかしたら、この恥ずかしい思い出は、

別府「八幡竈門神」に行け!

との神様からのお告げだったのかもしれませんね…。

 

「別府観光!鬼滅の刃聖地・八幡竈門神社」とごみ拾いボランティア

「別府観光!鬼滅の刃聖地・八幡竈門神社」とごみ拾いボランティア

おすすめ記事

串本の民話もよろしくおねがいします!

串本の伝説~橋杭岩~
一日ワンクリックおねがいします🙇 和歌山は神秘の地。 代表的な熊野古道をはじめ、様々な伝説がのこっています。 ぼくの生活する和歌山県・串本町もかずかずの伝説がのこっています。 この記事では、串本のシンボル橋杭岩に関す...

恥ずかしい思いしながら
ごみ拾い頑張ってます!
バナークリック応援
よろしくお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
ごみ拾いで地球をきれいに

クリックお願いします!


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました