スポンサーリンク

「串本の観光~アメリカ人が最初に来たのは串本が先!・前編~」とごみ拾いボランティア

「串本の観光~アメリカ人が最初に来たのは串本が先!・前編~」とごみ拾いボランティア ごみ拾い
「串本の観光~アメリカ人が最初に来たのは串本が先!・前編~」とごみ拾いボランティア

串本の観光…

アメリカ人が最初に来たのは串本が先…

ランキングアップのため、バナークリック
お願いします!
お願いします!
お願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
バナークリックお願いします!

トルコとのつながりで有名な串本ですが、実は串本はアメリカとも大きなつながりがあります。

歴史としてよく知られているのは、長崎に黒船に乗りペリーが初めて来日したことが有名です。

しかし、史実として残っているところによれば、アメリカ人が来日したのは、串本大島のほうが先だそうです。

 

その歴史を知ることができるのが、串本町大島にある日米修好記念館です。

日米修好記念館

日米修好記念館

営業時間:AM9:00~PM5:00(年中無休)
入場料:大人250円、子ども(小・中学生、高校生120円)

場所

串本駅からのアクセス

串本コミュニティバス大島行:樫野バス停で降りて約900m(片道200円)
まぐドル号:日米修好記念館前(片道500円)

時刻の参考

本州最南端の町 串本町

 

アメリカ人が初めて来た日本「串本」

ペリーの黒船がやってくる1853年より前の1791年に、アメリカ人がはじめて串本にやってきたといわれています。

来日には、「レディ・ワシントン号」と「グレイス号」、2隻の船がやってきたと記されています。

 

この2隻の来日の目的は、「ラッコの毛皮」の日本への売り込みです。

当時保温効果の高い「ラッコの毛皮」は、世界的に人気の商品だったそうです。

 

当時鎖国中だった謎の多い国「日本」…

「黄金の国・日本」という噂が世界中に流れていたのもこのころです。

 

当時のラッコの毛皮の取引先に、中国があったそうですが、

「もしかして、黄金の国・日本に毛皮もっていたら、もっと高く売れるんじゃね?」

との考えから、新しい取引先として、初のアメリカ人は2隻に乗ってやってきたそうです。

 

しかし、来日したのは本州最南端の串本…あたたかい…

しかも来た季節は4月と比較的あたたかい時期…

しかも日本人はこのころラッコの毛皮の使い方を知らない…(ノ∀`)アチャー

 

初アメリカ人の来日に、歓迎は受けたようですが、商売にならないのでこの2隻は早々と帰っていたそうです…

「1791年、初のアメリカ人串本来日」

1:一様来たけど、7:泣く泣く帰る、9:くそ―、串本では1:一文にもならねー!

と覚えましょう(´・ω・`)

うまいこと言った!と思ったら
バナークリックしてね!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
ごみ拾いで地球をきれいに

クリックお願いします!

ド田舎すぎて、何もないけど知ると意外と楽しい串本町♪

明後日は、パイレーツオブカリビアンに登場する船のモデルになった、「レディ・ワシントン号」の秘密にせまります!

「串本の観光~アメリカ人が最初に来たのは串本が先!・前編~」とごみ拾いボランティア

「串本の観光~アメリカ人が最初に来たのは串本が先!・前編~」とごみ拾いボランティア



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました