スポンサーリンク

「空海ゆかりの橋杭岩と串本グルメ」とごみ拾いボランティア

「空海ゆかりの橋杭岩と串本グルメ」とごみ拾いボランティア ごみ拾い
「空海ゆかりの橋杭岩と串本グルメ」とごみ拾いボランティア




空海ゆかりの橋杭岩と串本グルメ…

 

串本本土から、串本の離れ島大島まで、大小約40の岩がおよそ850mの長さで並ぶ橋杭岩…

串本橋杭岩

串本橋杭岩

串本の神話によると、中学校の教科書に登場する真言宗の開祖「空海」が、神通力でこの橋杭岩を並べたのだとか…。

 

修行中に串本を訪れた空海さん。

串本の海に住む天邪鬼と、どちらが先に串本から大島まで、橋を架けれるか二人は競ったようです。

 

時刻は日の出まで。

岩を並べる速度は、空海さんの方が優勢だったようです。

 

空海さんに負けてしまうと思った天邪鬼…。

まだ夜が長いにもかかわらず、天邪鬼は鶏の鳴きまねをして、空海さんに朝が来たと思わせました。

 

鶏が鳴き、朝が明けると勘違いした空海さん…。

橋を架けるのをあきらめ、帰ってしまったようです…(´・ω・`)

天邪鬼も、橋を架けるのをあきらめたのか…

これが、串本から大島にかかろうとする橋杭岩が中途半端になっている理由だそうです(´・ω・`)


串本橋杭岩の別の伝説はこちら↓

串本の伝説~橋杭岩~
一日ワンクリックおねがいします🙇 和歌山は神秘の地。 代表的な熊野古道をはじめ、様々な伝説がのこっています。 ぼくの生活する和歌山県・串本町もかずかずの伝説がのこっています。 この記事では、串本のシンボル橋杭岩に関す...

 

橋杭岩周辺のお食事処「おざきのひもの」

串本おざきのひもの

串本おざきのひもの

橋杭岩から南側に5分ほど歩いたところにある「おざぎのひもの」本店

おざきのひものの干物といえば、串本町民のごはんのお供!

地方から来られたお客さんにも重宝されるのがおざきの干物です。

串本グルメ・おざぎのひもの

串本グルメ・おざぎのひもの

串本グルメ・おざぎのひもの

串本グルメ・おざぎのひもの

串本グルメ・おざぎのひもの

串本グルメ・おざぎのひもの

 

おざきのひもので販売されている商品は、店内でも定食として食べることができます。

おざきのひものメニュー

おざきのひものメニュー

おすすめは、ひらき定食(あじ+サンマ)850円です。

安価なあじとサンマこそ、串本町民のごようたしです!

 

ひらき定食(あじ+サンマ)

ひらき定食(あじ+サンマ)

注文して、しばらくすると運ばれてくるひらき定食。

絶妙の焼き加減でやかれた、あじとサンマの干物のかおりが鼻をくすぐります。

 

魚の身は、あじもサンマも

絶妙な塩加減!
絶妙の焼き加減!
絶妙の脂!

まさに、日本の朝を感じさせます!

(この日食べたのはお昼過ぎでしたが…。ラストオーダーはPM3:00まで)

 

食べ終わった食器は、近くの引き取り台に返却します。

引き取り台からおざきのひもの内の厨房をながめると、串本町の元気なおばちゃんたちがイキイキと働いています!

(橋杭岩の串本から大島への開通を途中で放棄した、空海と天邪鬼におばちゃんたちの仕事をみせつけてやりたいほどにw)

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
ごみ拾いで地球をきれいに

クリックお願いします!


朝、橋杭岩の方面にごみを拾いに行くと、「おざきのひもの」のおっちゃんたちも、寒さに負けず元気にイキイキと魚をさばいています。

おざきのひもの加工所

おざきのひもの加工所

ぼくも毎日イキイキと元気にごみを拾っています!

「空海ゆかりの橋杭岩と串本グルメ」とごみ拾いボランティア

「空海ゆかりの橋杭岩と串本グルメ」とごみ拾いボランティア




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました