スポンサーリンク

「よりぬきSDGsビジネスニュース」とごみ拾いボランティア

「よりぬきSDGsビジネスニュース」とごみ拾いボランティア ごみ拾い
「よりぬきSDGsビジネスニュース」とごみ拾いボランティア

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
バナークリックお願いします!

日本でも近年話題になることが多くなったSDGsニュース。

インターネットが便利になった今、和歌山県の田舎町・串本町で生活しているぼくにも、SDGs関連のニュースは耳に入ってきます。

今回は、ぼくの目にとまった、よりぬきのSDGsビジネスニュースをお伝えします。

 

CO2回収メカニカルツリー

メカニカルツリーとは、自然に生育する樹木よりも1000倍の効率で温室効果ガスCOを回収する装置です。

 

地球温暖化はSDGsではもっとも頻繁に取り上げられる話題です。

温暖化に大きな影響を与えるといわれる二酸化炭素COの濃度を、適正な値に減らすことが地球温暖化対策に必要です。

 

本来、二酸化炭素COの濃度を調整するのは、自然の樹木の役割でした。

しかし、現在世界的な人口が増加しており、現在77億人から予想では2050年100億人に増加するといわれています。

人間の生活環境の問題もあり、「人工的により二酸化炭素CO濃度を減らす必要がある」という意図があると思います。(※個人の解釈です。)

 

アメリカ・アリゾナ州大学のクラウス・ラックナー所長を開発リーダーに、CO回収装置「メカニカルツリー」の開発が行われています。

参考

クラウス・ラックナー
Klaus S. Lacknerは、ネガティブカーボンエミッションセンター(CNCE)の所長であり、アリゾナ州立大学の持続可能な工学および建築環境学部の教授です。 彼は、Carbon Collect Limited(2021年4月にSilicon Kingdom Holdings Limitedから名前が変更されました...

参考文献

日本版ニューズウィーク 2022年2月8日号【雑誌】【1000円以上送料無料】

価格:479円
(2022/2/25 18:59時点)
感想(0件)

 AIで食料供給の調整

食料不足の対策として、タミー・シュイ氏が開発しているのが人工知能AIで食料の最適な需給を調整するシステムです。

 

「温暖化や人口爆発の影響で、2027年までに214キロカロリー(ビッグマック3790億個分)が不足するだろう…」

タミー・シュイ氏はそう予測しています。

 

食料不足解消のためには、食料生産率を上げることも大切です。

しかし、環境負荷も考えると、無駄なく適切に食料をとどけることがさらに重要なことです。

 

タミー・シュイ氏の会社「グロ・インテリジェンス」では、毎日650兆項目の食料のデータを人工知能AIで解析しています。

解析データを企業と共有することで、食料の適切な配布をタミー・シェイ氏は目指しています。

 

参考文献

日本版ニューズウィーク 2022年2月8日号【雑誌】【1000円以上送料無料】

価格:479円
(2022/2/25 18:59時点)
感想(0件)

ごみ拾い「継美隊」特許申請

八坂工芸の考えた継美隊が、特許庁に申請され受理されました。

継美隊は、「全国でごみ拾い活動をする人々を応援したい」と八坂工芸の堀田進代表が考えたプロジェクトです。

「ごみ拾いボランティアを応援したい」

八坂工芸の思いが、特許申請により本格的にビジネスとして動き出しました。

 

 

「人の心、思いを育てる」

これが、継美隊のブランドだと筆者のぼくは思います。

 

継美隊の理念は「地球にご馳走様。」

参考

八坂工芸 | 印刷 | ギフト | ノベルティー | デザイン | シルクスクリーン | 草加市
八坂工芸でシルクスクリーン印刷、オリジナルグッズ作成 少ロットからお受けいたします。 専属デザイナーが常駐していますので、デザインからご相談ください。

 

「地球にご馳走様。」とは、「人間は生活するうえで地球から大きな恩恵をもらっている」という意味です。

参考

新時代創造WEBマガジン「Re・rise News」より(ビデオの10分あたり)

「その地球からの恩恵に対して、「ご馳走様」と感謝の言葉をおくろう」という内容が、動画の中で堀田進代表は語られています。

 

「言葉」や「思い」だけでは、社会はかわりません。

しかし、「言葉」や「思い」がなければ、「人間の社会をよくしたいという行動」にはつながりません。

 

自然に対して感謝するとともに、人間の思いも大事にしたい…

八坂工芸代表・堀田進さんのインタビューからは、ぼく個人としてそんな思いが感じられました。




 

ぼく自体、継美隊として参加して、毎日おこなっているごみ拾い。

たくさんの学びを得ます。

その学びは、

「拾うごみ自体も、社会を良くしようとした技術であること」

参考

「あたたかいうんこ」とごみ拾いボランティア
バナークリックお願いします! うんこ… 子どもの前で言うと十中八九よろこんで笑うアレです。 うんこ うんこ。 それは生き物の食べカスです。 食べ物から「生き物に必要な栄養」が、搾り取られた不要な部...

 

八坂工芸の継美隊の理念「地球にご馳走様!」という言葉は自然だけではなく、今、自分たちを豊かにしてくれる技術を残してくれた先人に…

そして、これから自分たちの生活をよくしていこうと努力する企業に感謝をおくりたい…

そんなちょっぴり(*ノωノ)ハズカシー言葉をかんがえながら、今日もぼくはごみを拾うのでした。

「よりぬきSDGsビジネスニュース」とごみ拾いボランティア

「よりぬきSDGsビジネスニュース」とごみ拾いボランティア

 

生活ブログランキング

みなさんの応援のおかげでボランティアブログランキング1位になりました!

ありがとうございます!

ランキング

さらにランキングが上がるように頑張ります!

生活ブログランキングも応援お願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
ごみ拾いで地球をきれいに

クリックお願いします!


 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました