スポンサーリンク

「海のギャング・ウツボをたべる和歌山県串本の人」とごみ拾いボランティア

「海のギャング・ウツボをたべる和歌山県串本の人」とごみ拾いボランティア ごみ拾い
「海のギャング・ウツボをたべる和歌山県串本の人」とごみ拾いボランティア

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ
バナークリックお願いします!

海のギャングといわれるウツボ…

参考

 

釣りをしていると、エサを奪いに来るイケ好かない海のギャング…。

ウツボの歯は強力でうかつに指を伸ばすと、指をかみちぎられてしまいます。

釣り人からすると、ウツボが釣れたときは

「うげっ…😨」

となってしまう厄介な魚がウツボです。

 

そんな海の中ではドヤっている海のギャングも、寒波の吹く空気の乾燥した今の時期は、カチカチに乾燥し、カラカラと冬の風鈴のように音を立てて揺れていますw

ウツボの乾物

ウツボの乾物

(人間のドヤる番です(`・ω・´))

このウツボを干す風景は、串本の冬の風写しです。

 

ウツボは
・高知県
・徳島県
・和歌山県
・三重県
・千葉県
・静岡県

で食べられているようです。

参考

ウツボを食べる地域がある?味は美味しい?捌き方や食べ方・料理のおすすめを紹介!
ウツボを食べる地域があると知っていますか?どんな味わいなのでしょうか?今回は、ウツボの味わい・栄養価や、毒性・小骨など食べる際の注意点を紹介します。ウツボの捌き方や、〈刺身・唐揚げ〉など美味しい食べ方・レシピのおすすめも紹介するので参考にしてみてくださいね。

 

各々の地域によって、ウツボをすき焼きにしたり、たたきにしたり食べ方があるようですが、ウツボの乾物をつくだ煮にする食べ方は串本が発祥のようです。

ウツボのつくだ煮

ウツボのつくだ煮

ふつうはかたい骨が多く、食用にはむいていないウツボ。

ウツボをさばく技術は串本伝統の技術だといわれています。

今ではインターネットなどで情報伝達技術が発展し、SNSなどでウツボのさばき方を知ることができます。

しかし、ウツボをさばく技術の発祥は串本です!

※出典はわすれましたが、串本町内での講演会で串本町の偉い人がドヤってた気がします。

 

串本でも寒気がふきはじめる11月ごろ。

冬の寒さで脂ののったウツボを収穫し、さばいたウツボを竹の串でちぢまないようにさして、寒波がおわるまで干して乾かします。

ウツボの乾物

ウツボの乾物

おすすめの記事

和歌山グルメ「和歌山の端っこ周辺の【茶色い】お土産」とごみ拾い
クリックでブログのランキングが上がります! クリックお願いします! 串本周辺の和歌山の端っこ。 海山の自然に囲まれた和歌山の端っこ周辺では、自然の恵みを生かした加工品を手に入れることができます。 本日は串本で買う...

にほんブログ村 その他生活ブログへ
ごみ拾いで地球をきれいに

クリックお願いします!


 

本日は、串本の船着き場のウツボの乾物を干しているところまで走ってごみ拾いに。

「海のギャング・ウツボをたべる和歌山県串本の人」とごみ拾いボランティア

「海のギャング・ウツボをたべる和歌山県串本の人」とごみ拾いボランティア

ウツボのつくだ煮といえば、我が家ではぼくの母がおせち料理として出してくれた料理です。

ふつうはお正月のつくだ煮といえばごまめとしてイワシの乾物を使いますが、ぼくの母はウツボでつくだ煮を作ってくれていました。

 

母は大晦日の夜、まるまる一枚買ってきたウツボの乾物でつくだ煮を作ります。

ウツボの乾物をはさみで食べやすいサイズに切っていくのですが、イワシの乾物とちがいウツボの乾物はとてもかたいのです。

 

徹夜をして作ってくれた母のおせち料理のウツボのつくだ煮…

絶品だった母のウツボのつくだ煮の味と、新年の一番にみるウツボを切り疲れ果てた母の顔が脳裏によみがえります。

 

ぼくがごみを拾い続けるのも、そんな母の思い出が、串本に残っているからなのかもしれません。




コメント

タイトルとURLをコピーしました